ドクター

意外な原因で適応障害を患う|精神的にドンドン追いつめられる恐怖

ストレス性疾患が多いです

4人の医者

わかりにくい疾患です

適応障害は、誰にでも起こりうることが特徴です。例えば、学校でいじめられて学校へ行けない、会社で上司から怒られたり、人間関係のストレスで仕事がうまくいかないなどです。こういった症状の方は、適応障害である可能性があります。いじめやストレスといった、外因性要因が大きい精神疾患です。特に、ストレスでの適応障害の場合、ストレスの度合いが人それぞれですので、第三者には分かりにくく、自分自身でも自覚できていない人もいます。仕事をする中で、誰にでも苦手なことはあります。また、人によっては心地よい環境でも、別の人は耐え難い環境に身を置いていることもあります。無理をすると自分自身を見失う可能性もあり、治療法も人それぞれで難しい部分があります。不安になったり、憂鬱になったり、頭痛や腹痛など体に異常がでたり、適応障害は人によって症状が違います。身体に異常がある場合は薬での治療ができますが、不安状態やうつ状態の場合、薬での治療で回復するとは限りませんので、家族や周りのサポートがあるかないかで治療法も変わってきます。

ストレス状態がポイント

適応障害の治療には、患者状況に関係なく、主体的にストレス対応できるように医学的サポートを行います。ストレス耐性を上げる、周りのサポートや協力によりストレス軽減に努めることで、適応障害の治療を行うことが多いです。症状によっては長期間に渡って時間を要することもあります。治らない病気ではありませんので、日常生活から意識して治療方法に努めることと医師との相談や周りのサポートや協力が必要不可欠です。適応障害のような精神性疾患の多くはストレスが原因のため、会社に行くのが辛い場合は、思い切って転職することを検討したりする人もいます。違う会社で環境を一新して、適応障害を克服された方もいらっしゃいます。同じような環境に身をおいていると、適応障害が慢性化する可能性もあります。治療のポイントとなるのが、ストレス負担です。ストレス耐性を上げること、ストレス状態を回避すること、このバランスが特に難しいと言われています。自分だけではどうにもならないことは、環境を変えたり、周りの協力を得ることで、回復に努めることで克服に近づきます。