一人で我慢しないで一度相談に来てください

意外な原因で適応障害を患う|精神的にドンドン追いつめられる恐怖

診断を受けよう

悩む男性

環境になじめない事によるストレスが、倦怠感や胃痛などの症状として現れてしまう状態を適応障害といいます。適応障害は身体的な症状から精神的な症状にまで発展するため、まずは医療機関で診断を受けましょう。

もっと読む

ストレス性疾患が多いです

4人の医者

適応障害は、いじめやストレスなどの外因性要因が大きい精神疾患です。ストレスの耐性は人それぞれですので、第三者には分かりにくく、自覚症状を感じない人もいます。治療法も人それぞれですので、ストレス耐性を上げ、かつ周りのサポートや協力を得ながら治療に努めることで回復に近づきます。

もっと読む

ストレスに負けないのが鍵

ナース

適応障害は、ストレスがきっかけで引き起こされる病気です。放っておくと、不眠やうつ状態を引き起こすこともあります。症状が慢性化する前に、しっかりとしたカウンセリングと治療を行うことが重要です。ストレスの元を断ち、認知行動療法で適応力を高め、ストレスに負けない心身づくりをしていきましょう。

もっと読む

精神病は早期発見が大事

カウンセリング

原因を把握することが大事

適応障害はうつ病一歩手前の症状です。原因は人によって異なりますが、最も多いのは職場関係です。人間関係や業務内容によって、自覚のないストレスや行き過ぎた責任感によって引き起こされます。症状の種類も様々で、仕事場に着くとめまいや動悸、突然涙が出てくるなどの異常が出てきます。このまま放っておくと、うつ病に発展する可能性があります。自分で気づくことができたら、対策を考えることができますが、気のせいだと思い込むと危険です。早めに現状を理解して、原因を探ることが重要です。治すためにも病院へ行くことをおすすめします。そして、体の調子がよくなければ仕事をすることができません。仕事が原因の場合は、休職や退職も視野に入れるようにしましょう。職場環境はなかなか変えることができません。理解ある上司であれば、変えてくれる可能性はありますが、適応障害などの精神病に関してはまだ認識が甘いところがあります。これ以上追いつめられる前に自分が置かれている状況を見直し、悪化させないようにしましょう。

早く治すための治療法

適応障害を治すためには、一度原因となっている場所から離れましょう。場所を変えることで気分が良くなり、症状が和らぎます。このとき、原因となった場所や事柄は考えないようにしましょう。思い出してしまうと気分が落ち込み、生きる気力がなくなる可能性があります。何も考えず楽しむことが肝心です。楽しむことで早く治すことができます。そして、精神科や心療内科で診察してもらうことも大切です。症状の進行具合によって、抗うつ剤をもらえます。適応障害にも効果はあるので、早く治すためにも処方してもらいましょう。ある程度回復して来たら、原因となった環境に戻るか考えてみましょう。戻ったらまた発症してしまう危険があるなら、環境を変える必要があります。適応障害はうつ病の初期症状のようなものです。今度こそ本当にうつ病になってしまうのなら、思い切って変えてしまいましょう。不安であれば、カウンセラーや友人に相談に乗ってもらうと心が軽くなります。何でも一人で抱え込まず、人に頼るようにすることで、早期回復につながります。精神的にドンドン追いつめられる恐怖から逃れましょう。

特定のストレスが要因に

悩むレディ

適応障害は特定のストレスや環境に対してどうしてもなじむことができず、心身にさまざまな不調をきたしてしまう病気です。ストレスの元になっているものからなるべく離れ、同時に病院を受診して薬物療法などを行うことで改善が可能になります。

もっと読む

社会生活への適応力の疾患

医師

適応障害は他の精神疾患と異なり、薬物療法よりカウンセリングや思考パターンの改善が優先されます。症状には身体・精神・行動の3つの面に影響が出るものが多いです。治療に際しては症状を分類しながら、それぞれにうまくアプローチすることが求められます。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加